師走

12月を表す(あらわす)言葉(ことば)に「師走(しわす)」があります。字を見るとわかるように、年末(ねんまつ)は「師(し)=先生」が慌ただしく(あわただしく)「走る」ほど忙しい、だから12月を「師走(しわす)」と言うのだと、覚えている人も多いのではないでしょうか。
「师走」是日本在12月的称谓。从字面上解释为在岁末时节「老师」忙到无法悠闲、慢慢地行走,因此多数人都以此解释记忆「师走」一词。

 しかし、語源(ごげん)は、実(じつ)は「師(し)」というのは、お寺(てら)の「僧侶(そうりょ)」のことです。昔(むかし)の日本では、お正月(しょうがつ)の前に、祖先(そせん)の霊(れい)を弔う(とむらう)習慣(しゅうかん)がありました。僧(そう)がいろいろな家でお経(おきょう)をあげるために「忙しく走り回る(はしりまわる)=馳せる(はせる)」という意味で、「師馳す(しはす)」となったというのが有力(ゆうりょく)な説(せつ)だそうです。
事实上「师走」一词的来源为「师」是指「寺庙」的僧侣。许久以前的日本,在正月时有凭吊祖先的习惯。僧侣们为了念经「忙著奔走」于各个家庭,才有「「師馳す(しはすShihasu)」的说法,进而变化为现在「师走(しわすShiwasu)」一词。这项传闻据说是最有力的说法。

 ただ、「師走(しわす)」の語源や由来(ゆらい)には諸説(しょせつ)あるようです。たとえば、一年が終わるという意味で「年が果てる(はてる)」から「年果つ(としはつ)」となり、音(おと)が変化して「しわす」と言われるようになったという説。四季(しき)の終わりの月という意味、すなわち「四季が果てる(はてる)月」から「四極(しはつ)」という言葉ができたという説。一年の最後(さいご)にやり遂げる(とげる)という意味で「為果つ(しはつ)」という言葉から「しわす」になったという説などなど。
不过「师走」一词的来源或者是由来有各种说法。有一说是当一年结束时所使用的词「年(Toshi)が果てる(はてるHateru)」,此词之后变化成「年果つ(としはつToshihatsu)」,最后发音变为「しわすShiwasu」。另一说法是指12月为四季结束的月份,也就是从「四季(Shiki)が果てる(はてるHateru)月」变化至「四極(しはつShihatu)」。还有一种说法是努力到一年的最后的意思「為果つ(しはつShihatsu)」音变为「しわすShiwasu」。

みなさんにとっての「しわす」はどんな月でしょうか。
大家的「しわすShiwasu」是怎么样的一个月份呢?

明新日本語学校では来週、期末試験(きまつしけん)があります。今まで勉強したプリントを、かき集める(あつめる)ために「走り回る」人もいるかもしれませんが、今年最後の試験を「成し遂げる(なしとげる)」という意味の「しわす」になるように、がんばりましょう。
明新日本语学校于下星期有期末考试。或许有学生为了搜集上课用的讲义而「奔走」于四处。无论如何请大家努力「完成」「しわすShiwasu」今年最后的考试。加油!