菖蒲

もうすぐ、梅雨に入るこの時期には紫陽花(あじさい)の花がきれいですね。鎌倉(かまくら)の紫陽花寺(あじさいでら)と言われるところには、大勢(おおぜい)の観光客(かんこうきゃく)が訪(おとず)れます。ただ、もう一つ梅雨の花があります。それは菖蒲(しょうぶ)です。                                   梅雨季节时开的绣球花很漂亮。每年的这个时节里,有许多观光客造访位于镰仓的紫阳花寺观赏绣球花。事实上还有一种在梅雨季节开的花,那就是菖蒲。

 

菖蒲(しょうぶ)は中国から来た花ですが、平安(へいあん)時代(じだい)には花よりも葉(は)のほうが重要(じゅうよう)でした。菖蒲(しょうぶ)の葉(は)には殺菌(さっきん)効果(こうか)があり、病除け(やまいよけ)として使われていました。今でも、5月5日の端午(たんご)の節句(せっく)には菖蒲湯(しょうぶゆ)に入る習慣(しゅうかん)がありますね。                                             菖蒲来自于中国,在平安时代菖蒲的叶子比花重要。菖蒲的叶子有杀菌效果,所以也用于驱瘟。因此直至今日,每年5月5日的端午节日本人有泡菖蒲浴的习惯。

 

この菖蒲(しょうぶ)と種類(しゅるい)が少(すこ)し違(ちが)って、花を鑑賞(かんしょう)する菖蒲(しょうぶ)もあります。今の季節(きせつ)には様々(さまざま)な菖蒲園(しょうぶえん)で美しい花が咲(さ)いています。その中で今回は明治神宮(めいじじんぐう)の菖蒲園(しょうぶえん)をご紹介(しょうかい)します。都会(とかい)の中であまり大きくなくて、それでも1500株(かぶ)の花が咲(さ)きます。菖蒲(しょうぶ)の花には日本の古典(こてん)「源氏物語(げんじものがたり)」の中の名前(なまえ)がよくつけられています。花の名前から美しい女性(じょせい)を想像(そうぞう)するのも楽(たの)しいですね。                                                                                              菖蒲的种类有些许不同,也有观赏作用的菖蒲。在这个季节中,许多菖蒲园里盛开著漂亮的花。介绍位于明治神宫的菖蒲园给大家。在东京大都会中,明治神宫的菖蒲园虽然面积不广,但是也种植著1500朵菖蒲花。在日本的古典文学作品《源氏物语》里,菖蒲也多用于女性的名字。从花的名字去想像美丽的女性也是一种乐趣。

 

意外(いがい)に知(し)られていない菖蒲園(しょうぶえん)ですが、雨の日には静(しず)かに美しい花を見ることができます。場所(ばしょ)は北門(きたもん)(原宿口(はらじゅくぐち))から7分ほどのところにあります。                                                           很意外地的是知道明治神宫有菖蒲园的人并不多,在雨天中可以静静地赏花。地点从北门(原宿出口)约7分钟的路程。