節分

節分(せつぶん)は日本(にほん)の行事(ぎょうじ)の一つです。
「節分」是日本的習俗節日之一。

例年(れいねん)は節分(せつぶん)は2月(がつ)3日(みっか)ですが、今年(ことし)は2月(がつ)2日(ふつか)火曜日(かようび)でした。これは124年(ねん)ぶりのことだそうです。
往年是在2月3日,但今年是2月2日星期二。相距上一次是124年前的事。

節分(せつぶん)は、今(いま)は立春(りっしゅん)の前(まえ)の日(ひ)ですが、もともとは季節(きせつ)の変(か)わり目(め)を表(あらわ)す言葉(ことば)でした。
節分是立春的前一日,原本是指季節的轉換。

昔(むかし)は季節(きせつ)の変(か)わり目(め)に鬼(おに)がやってきて病気(びょうき)をもたらすとと考(かんが)えられました。それで、これを避(さ)けるため、「豆(まめ)まき」を行(おこな)い鬼(おに)退治(たいじ)をするようになりました。
以前有此一說是在季節轉換時,會出現所謂的妖怪並會帶來疾病。因此,為了避免染病,人們就朝妖怪灑炒好的豆子,將之擊退。

「鬼(おに)は外(そと)、福(ふく)は内(うち)」を言(い)いながら豆(まめ)をまいて鬼(おに)を追(お)い出(だ)します。
邊灑時邊說:「妖怪出去,福氣進來」,將妖怪趕出去。

写真(しゃしん)のように豆(まめ)まきをして、コロナも早(はや)く収束(しゅうそく)できるように願(ねが)いたいですね。
如同照片一般,希望新型冠狀病毒能夠早日消失。