お月見

9月10日は中秋の名月です。日本ではこの日に美しい秋の月を眺める習慣があります。この夜には、薄(すすき)、15個の月見団子、農作物(芋や栗など)をお供えします。これには秋の収穫(しゅうかく)をお祝いする意味もあるのでしょう。皆さんの国にも月のお祭りの日がありませんか。                                                                    9月10日是中秋节。在这一天日本有赏月的习惯。当天夜晚会摆放芒草、15个赏月糕团、农作物(芋头或栗子等),有庆贺秋收的意味。大家的家乡是否也有赏月的习俗呢?

ところで月には誰かいるのでしょうか。日本では、月にはうさぎがいておもちをついているという伝説があります。世界の国々でも、女の人が一人で住んでいるとか、男の人がいるとか、わにがいるとか、さまざまな話があります。                                                                                                                                                                        对了,月亮上是否住著人呢?在日本,传说月亮上住著一只在捣糯米的兔子。在世界各国的传说中,有住著女性、也有住著男性,或者住著鳄鱼等说法。

また、日本の神話では太陽の神様はお姉さんで、月の神様は弟です。これも世界中でいろいろな神話がありますね。ギリシア神話では太陽がお兄さんで、月が妹ですから日本と反対です。昔は夫婦だったけれど、けんかして太陽と月に別れたという神話もあります。                                                                                                                    此外,在日本的神话中太阳神是姐姐,月亮神是弟弟,而类似这样的神话也遍布于世界各地。和日本完全相反的是希腊神话里的太阳神是哥哥,月亮神是妹妹。也有先前是夫妻后来因为吵架而分成太阳和月亮的神话。

昔から、みんな月を見ていろいろなことを想像していたのですね。                                                                          从以前到现在,大家每在赏月时都会联想起许多故事。